展示概要

展覧会名 ヤマザキマリの世界
会期/会場

ご来場の際は美術館HPをご確認ください。

〒444-1325 愛知県高浜市青木町九丁目6番地18
高浜市やきものの里かわら美術館・図書館(本館)
 
交通アクセス:名鉄三河線「高浜港」駅下車徒歩約10分
市内循環バス「いきいき号」港コース「かわら美術館・図書館前」下車すぐ
国道419号「衣浦大橋東」交差点北東角

美術館HP

アクセス

開館時間

10:00〜17:00(観覧券の販売は16:30まで)

休館:月曜日、火曜日、5月8日(水)

※ただし4月29日(月・祝)、5月6日(月・休)は開館

入館料金

高校生以上900円(720円)、中学生以下無料

  • ( )内は、前売り、高浜市内居住者、20名以上の団体料金
  • 75歳以上の方、各種障がい者手帳をお持ちの方ほか、割引あり
  • 前売りは、当館にて販売<期間:3月13日(水)~4月12日(金)>
主催

高浜市やきものの里かわら美術館・図書館

後援
  • 愛知県教育委員会
  • 高浜市
  • 高浜市教育委員会
  • 高浜市観光協会
協力
  • 学術協力:東京造形大学
  • 協力:株式会社スマイルカンパニー
  • 企画:株式会社広済堂ネクスト

開催概要は状況により変更となる場合がございます。ご了承ください。

blog|ブログ

24日に内覧会が開催されました!

 こんにちは!とうとう始まりました「ヤマザキマリの世界」展。
すでに沢山の方が来場してくださり、嬉しい限りです!

 さて、遅ればせながら24日の内覧会の感想を少し載せます。

 当日は、見たことのない数の方々が美術館を訪れ圧倒されました。
会場内では、学生たちが自身で解説をしたりと皆ソワソワ。
 学生の内、数人は「トーガ」と呼ばれる古代ローマの服を再現してお出迎えしました。
トーガはシーツ1枚で再現できますが、着るのも着付けるのも初めてだったため、かな〜り苦戦しました。出来栄えや、いかに……。

 私は僭越ながら、学生代表として記者会見に出席させていただきました。

 記者会見での、先生の「余白があれば埋めたくなる」と言う言葉が凄く印象に残りました。
 学生時代は何と、ご自身の教科書だけでなく、お友達の教科書にまで絵を描いていたそう。
実は私、この展示会で先生の幼少期作品の多さにとても驚かされました。次々出てくる作品の数々。
 お話から伺える先生の「描く」ことへの執着や良い意味での貪欲さを、裏付けるような濃ゆい展示会となっております!

 そして、学生説明会は、11月10日、17日木曜日にも開催されます。
 学生自身がセクション毎に解説いたしますので、是非お越しください。

 東京造形大学は冷えるため、暖かい服装でご来場ください!

\ SHARE /

問題!

Q.皇帝、ハドリアヌスの愛人の名前は?

©︎ヤマザキマリ/KADOKAWA

正解

正解

不正解

不正解

©︎ヤマザキマリ/KADOKAWA